業務内容の把握


環境側面(環境汚染の原因となりえる要素)の特定を容易にするために、まず、業務の概略を把握する必要があります。
そのために、業務フローを整理し、どういうまとまりで仕事が流れているかを把握します。
また、配慮すべき法規制の調査などもおこないます。