かんたん連絡フォームを開きますこちらではISO/IEC17025認定取得までの
一般的なコンサルティングと審査対応の流れを説明しています。
以下のプロセスフロー図と各段階の説明を併せてご覧ください。

構築プロセス     (月数) 123456789101112131415
@工程整理
現状把握
ギャップ分析
Aマネジメントシステム構築
規格教育
マニュアル作成
帳票作成
技術文書作成
不確かさ算定手順
B運用
目標・計画策定
教育訓練
記録・データ収集
C内部監査
内部監査員養成
内部監査実施
Dマネジメントレビュー
データ分析
レビュー実施
E審査対応
申請準備
書類審査
現地審査
認定

@工程整理
SO/IEC17025の要求事項は、管理面、技術面と多岐にわたっていますので、日頃の活動のどう言った部分にどの要求事項がどのように絡んでくるのかをはっきりさせるために、弊社のご指導のもと、受注から引渡しまでの工程全体を整理します。

▲上の表へ

Aマネジメントシステム構築
マネジメントシステムの運営のために必要な文書類と並行して、試験の手順、妥当性確認の方法、不確かさの推定など、技術的な文書の必要性についても確認を行い、その手順の確立と安定のために必要な文書の検討を行い、全体の文書構成を決定します。
管理上の要求事項に対する部分は品質マニュアルならびにいくつかの規定でカバーしますが、技術上の要求事項、技術的要求事項に対応するテクニカルな文書については、その分野のエキスパートである実務者の方々に参画していただくことが前提になります。
弊社では、規格の要求事項を満たす上で盛り込むべき要素のアドバイスに軸足を置き、その内容についてのチェック及びご指導を行います。

▲上の表へ

B運用
組み上げたシステムに沿って運用を行います。
目標設定、教育訓練の実施の他、ルール化された手順にのっとって運用を行い、ひととおりの運用記録を蓄積します。

▲上の表へ

C内部監査
監査の実施を担当する監査員を養成するためにセミナーおよび修了テストを実施します。
内部監査員は多ければ多いほど良いですし、社員さんの教育の一環としても有益な機会となりますから、できるだけたくさんの方に受講していただきます。
内部監査員養成が終わった所で、実際にその方々が中心となり、内部監査を計画・実施していただきます。
コンサルタントも監査員の一員として、一部の監査に参加させていただきます。

▲上の表へ

Dマネジメントレビュー
管理上の要求事項で、経営者による見なおしというのがあります。
これは、経営者自らが定期的にシステム全体の運用状況を見なおし、要変更点を見出した場合は変更指示を出すというものです。
直前に行なわれた内部監査の監査結果、その他の情報をインプットとして、この経営者による見なおしを実施していただき、記録のまとめ方、および席上出された変更指示に対するフォローの仕方を御指導いたします。

▲上の表へ

E審査対応
審査の申請にあたっては、技能試験の成績書、システム管理のために作成した文書の一覧表と該当する文書一式、教育の実施記録、監査の実施記録などが必要となります。
申請が受理されると、提出した品質マニュアル等の文書上の規定が、規格の要求事項を満たしているか審査が行われます。この段階で不適合の指摘があれば、適宜修正を行います。
実地審査の際は、経営者や管理責任者へのインタビューや、時には現場の作業者の方への聞き取りなども交えながら、人サインが文書上のルールと運用の実態の整合を確認していきます。
いくらかの不適合が出されることもありますので、それらに対する是正案を検討します。審査の結果は審査機関に持ち帰られ、判定会を経て、認証取得となります。

▲上の表へ





かんたん連絡フォーム
会社案内

サイトマップ
home