認定試験所への道に大きな変化が訪れます。

試験所認定制度について

試験所認定制度とは、ISO/IEC17025規格に基づき権威ある認定機関が審査を行い、当該規格に適合した組織を、特定分野における試験を行う能力のある試験所として認定する制度です。

「認証」ではなく「認定」

ISO9001は、審査によりマネジメントシステムの適合性を認められることで「認証」されますが、審査の対象は「マネジメントシステム」であり、製品やサービスそのものの信頼性を確認するわけではありません。

これに対し、ISO/IEC17025に基づく審査では、特定の試験に対する技術的な信頼性も審査の対象になります。 したがって、「認定」されるのは試験所という組織全体ではなく、その試験所が行う特定の試験に対して、ということになります。

では、ISO9001の認証を取得するのと、試験所認定を受けるのと、具体的に何が変わってくるのでしょうか。 それは、「試験所認定を受けることにより、試験報告書という『製品』に認定の表示をすることが出来る」ということです。

また、現実的な話として、認定機関によっては審査に掛かる費用がかなり低く抑えられる可能性があり、取得や維持に掛かる経費の面でも有利な条件がそろってきています。

試験所認定によるメリット

上で述べたように、顧客に製品として提供する「試験報告書」に、認定機関のロゴマークをつけることが出来るようになります。 第三者のお墨付きを得ることにより、自社の社名やマークのみの報告書に比べて、顧客が得る信頼感には大きな差が出てきます。

当然、営業の段階でも、認定試験所であることを積極的にアピールすることにより、受注の可能性が飛躍的に高まります。

また、認定を継続することにより、組織として一定水準以上の技術力を確実に維持管理することが出来る様になります。

認定の現状

平成20年4月現在、試験所認定を行うことが出来る認定機関は次の4機関です。

  • 独立行政法人 製品評価技術基盤機構 認定センター(IA Japan)
    工業標準化法に基づく、JISマーク表示の対象外品目のJIS規格に規定する試験
  • 財団法人日本適合性認定協会(JAB)
    電気試験、電磁両立性試験、化学試験、機械試験など
  • 日本化学試験所認定機構(JCLA)
    化学関連分野及び食品関連分野の試験
  • 株式会社電磁環境試験所認定センター(VLAC)
    EMC(電磁両立性)分野を主体とする試験

認定事業者の数は、全ての認定機関を合わせても数百件程度となっており、まだまだこれからの状況です。逆に言えば取り組むなら今がチャンス、といえるでしょう。





かんたん連絡フォーム
会社案内

サイトマップ
home