申請までの期間について


結論から申し上げますと、当初の予定としては半年程度を確保していただくのがよろしいかと存じます。
申請までに正味必要な期間としましてはこれよりも少なくて結構なのですが、繁忙期や(大変喜ばしいことですが)予定外の大型の受注など、予定を遅らせる要因はいくらか存在します。

また、社員の皆様への浸透度合いを深める意味で審査までの時間を少し取りたいといった内的要因もありえます。そういった事態の備えとして、当初の予定は少し長めの半年をお勧めするわけです。

また、この手の全社プロジェクトにおいては、盛り上がったムードを持続させることが成功のカギです。当初の予定を割り込むというのは、ムードを沈滞させる要因の一つになり得ます。これは避けたい事態です。
こういった理由からも正味必要な期間よりも少し長めに予定を組んでおきたいと考えます。