個人情報保護体制のアピール手段として大人気のプライバシーマークですが、いったいどのような企業が認定取得しているのでしょうか?

ここでは取得状況に関する統計をご紹介しています。

業種別の取得割合
下のグラフは、2008年4月16日の時点でプライバシーマークを認定取得している業種別の割合です。

どの業種においても、社員さんの個人情報・顧客情報などを保有しており、
少なからず「個人情報保護」に関わりがあると言えますが、
情報処理サービスなど顧客の情報を多く取り扱う、「サービス」のつく業種や発注元企業から多くの個人情報を預かる印刷業などの業種が取得割合の過半数を占めています。

どんな理由で取得してるの?
第一の理由としては、個人情報の漏えい・紛失などの事故を起こさないよう、体制を整えたいということが考えられます。
それと合わせて、取得により「個人情報保護に対する配慮のある企業・組織」としての認知度を高め、企業イメージアップに活用できるということも挙げられます。
また、同業で取得事例が増えてきたり、取引先からの強い要望で・・・ということもあるようです。




プライバシーマークを知る
取得までの流れ
プライバシーマーク豆知識
指定機関情報
news


こだわりのマニュアル作り

かんたん連絡フォーム
会社案内

サイトマップ
home